sab

記事一覧(17)

【農業初心者奮闘記録④】成長速度はそれぞれ。

皆さん、こんにちは。最近「ブログ読んでるよ!」と声をかけていただけることが多くなりとっても嬉しい渡辺です。ちなみに、一部の方から渡辺男性説が出ているとお聞きしましたが、私はーー女ーーーでーーすよーーーー!これからも栽培管理(女の方)渡辺と栽培管理(男の方)海野をよろしくお願いします。笑さて。前回の農業初心者奮闘記録、略して農初奮記(今考えました)では、5号ハウス東側の収穫が始まったよ~ということを書いたと思いますが、あれから収量も順調に増え5号東は真っ赤なトマトがたくさん収穫することができてきます。今収穫しているのは1段目が主なのですが、これから色がのってくる2段目3段目にも肥大した良いトマトが多くついているので5号東側の株あたりの収量が密かに今から楽しみです。(※静岡アグリでは収穫終了したときに1株あたりどれくらいトマトを収穫できたか毎回調査しています。)ただ、5号東側では、これまでにないほどのマグネシウム欠乏が発生中。現在原因を調査しているので、これはまた別の機会にブログに書きますね。今日はそんな収量期待大(自分でハードルを上げる)の5号東側ではなく、前回末尾にさらっと「順調に育っているよ☆」とだけ書いて後日社長に「そっちの話をもっと読みたかった」と言われてしまった5号西側のお話をします。今回はしっかり写真を撮りました(笑)5号西側の話。5号西側は、11月14日に定植してから約2か月と2週間経過しております。5号ハウスは次の作付けからタバコカスミカメ(社内通称「カメちゃん」)を放飼する実験をすることになっているため、今からコナジラミの発生をなるべく抑えるべく、以下2つのことを行っております。①東から西に病害虫が移らないようにシートで区分け②黄化葉巻に罹患した株は撤去このうち、②については収量が減るのでなるべく撤去はしたくないな(´;ω;`)と思ってしまう渡辺は「誰がどう見ても黄化葉巻でしょ‼」という株のみ厳選してこれまでに33本撤去してまいりました結果、定植時には1790本あったトマト達は現在1757本になりました。(余談ですが先日定植した4号ハウスのトマトは1800本あるのでちょっとだけもとから本数に差がありますね。)今5号の西側にあるトマトは前作の黄化葉巻に罹患した株の近くで二次育苗をしていたので、撤去した株が33本だったことが「これですんで良かったね」と言えることなのかどうかは罹患株数に対する比較対象がないのでわかりませんが、罹患株近くで二次育苗した株をまとめて定植した場所での発生が9割なので、二次育中にコナジラミを媒介して罹患していたのは確かですね。開花状況について。開花状況については、西側内でばらつきが出ています。(2019年1月25日現在)日射や室温、CO2などの条件がハウス内で全く均一になるわけではないのでしょうがないですが、早いところで6段目まで開花、遅いところはまだ4段目までしか開花しておりません。